マーガレット柄のシャツドレス

マーガレット柄シャツドレス

 

■生地:綿オックス
■パターン:茅木真知子さんの『ホームクチュール わたしのスタンダード』のシャツドレス
■失敗点:なぜか裾の左右の丈が1cm違う(あとで直すかもしれないし直さないかもしれない)、四角いボタンって嵌めにくいのでボタンホールをもっと大きくすればよかった。

 

生地はフィンランドのSTUDIO HILLA。衣服よりもエプロンやバッグのほうがしっくりきそうな厚手の綿オックスですが、ワンピースに仕立てたかったので。意外と違和感なし(と本人は思っているがはたして)。

 

マーガレット柄シャツドレス

 

完成してからベルトをして着たくなったので、糸ループをつけました。

 

マーガレット柄シャツドレス

 

スカーフもしたいが、柄on柄でうるさいだろうか……?

 

マーガレット柄のシャツドレス

 

左のが見本です。「白衣のつもり」と本にはあるけれど、ハデハデの柄の布でつくったらかなり違うイメージに。

 

マーガレット柄のシャツドレス

 

着てみたところ。この写真だと襟が反っちゃってますね。そして腕の猫ひっかき傷が目立ちすぎている。

夫のギンガムチェックシャツ

夫のギンガムシャツ

 

■生地:綿・ポリエステル混紡
■パターン:金子俊雄さんの『オールシーズンのメンズ服』のスタンドカラーシャツを半袖に
■失敗点:ところどころ縫い目が雑。

 

夫の誕生日プレゼント用のシャツです。当初は長袖を縫う気合がみなぎっていたのですが、生地が足りなかったので半袖になりました。

 

夫のギンガムシャツ

 

夏だから通気の良いコットンや麻にしようか迷ったけど、アイロンのラクさを取ってしわになりにくい綿ポリに。

 

夫のギンガムシャツ

 

冷房のない部屋で汗みどろになりながら縫っているので、注意力散漫になり早く仕上げたい気持ちばかりが高まり、縫い目がところどころ雑。普段ならほどいてやり直すかもなーって部分も。

 

夫のギンガムシャツ

 

以前同じパターンで縫ったシャツは、着ると肩のあたりにしわができてしまっていたので(たぶんパターンのせいではなく夫の体型のせい)、後ろ身頃のタックの位置を中心ではなく両サイドに変えてみました。これで解決すればいいんだけど。

この本でメンズシャツを縫うのは4着め。そろそろほかの本も試してみたいと思いつつ。

手描き風ギンガムチェックの日傘

日傘

 

■生地:コットン
■失敗点:濃い色の生地でつくるべきだった。

 

夏ですね。暑いですね。というわけで日傘です。少し前につくったのですが、アップするのを忘れていたので。

 

日傘

 

持ち手は竹。留め具はお花のかたちのウッドボタン。

 

日傘

 

実際に使用してみて気付いたんですが、白ベースの生地だと日陰効果がいまいちなので、もっと濃い色の生地でつくるべきでした。

UVカットスプレーを吹きつけてあるので、紫外線防止効果はそれなりにあるはずですが。

ストライプのワンピース

ストライプのワンピース

 

■生地:プリント綿ローン
■パターン:平真実さんの『わたしの好きな、ミニマルな10着 シルエットにこだわった10のパターンとアレンジ』の半袖シャツをワンピースにアレンジ
■失敗点:袖口〜脇のバイアス処理が雑。ほかにもいろいろと雑。

 

以前縫ったブラウスと同じパターンをアレンジしてワンピースをつくりました。といっても、ウエストベルトと四角く断ったスカート地を縫いつけてゴムを通しただけの、かんたんアレンジ。

 

ストライプのワンピース

 

この生地、もともとはコートの裏地にしようと思って買ったんですが、わりとしっかりしてるしコートに着手するのはいつになるのかわからないので、使ってしまいました。

わりと目の詰まった綿ローンだったので、針が刺さりづらいし(ミシン針は細いのを使ったらスムーズになった)、失敗してほどいたあとの針穴が目立つ……。まつり縫いの糸をすくったあとも目立つんだよなあ。

 

ストライプのワンピース

 

前にこのパターンでブラウスを縫った際、二の腕がきつめだったので、脇中心で左右1cmずつ広げています。1cmでだいぶ動きやすくなった。

猫のブローチはむかしつくったビーズ刺繍。

 

ストライプのワンピース

 

着てみたところ。綿100%だからある程度はしかたがないとはいえ、しわになりやすいのが気になる。

ギンガムチェックのタックスカート

ギンガムスカート

 

■生地:綿・ポリエステル混紡/キュプラ(裏地)
■パターン:茅木真知子さんの『ドレスアップ・ドレスダウン―simple chic』のスカートをウエストベルトだけアレンジ
■失敗点:とくになし。

 

2年前に縫ったフルーツ柄のスカートと同じパターンをほんの少しだけアレンジ。ウエストベルトの幅を太くしてホックではなくボタン留めにした。

ウエストベルトは柄の細かさが違うギンガムチェックにして、ボタンは半球のパール調のやつを。

 

ギンガムスカート

 

裾まで写っている写真がありませんが、丈はふくらはぎのまんなかぐらい。長すぎるよりもこのぐらいが好き。

 

ギンガムスカート

 

着てみたところ。

この生地、質感は綿100%とほとんど変わりませんが、ポリエステル混紡なのでしわになりにくく扱いやすい。