紺の迷彩タイトスカート

迷彩スカート

 

■生地:綿ポリウレタン混紡
■パターン:『定番も流行も 手作りしたいスカート』のハイウエストタイトスカート
■失敗点:サイズ感が微妙。

 

紺のカモフラ柄の生地で、サイドにポケットがついたハイウエストのスカートを。

 

迷彩スカート

 

この布、ストレッチがほどよく効いていて着やすそうだし縫いやすいんですが、猫の毛がつきやすいのが……。まるで猫毛吸着器。

 

迷彩スカート

 

裏側。後ろ中心にファスナー&ベンツ開き。ベンツ開き、じつははじめてやりました。

 

迷彩スカート

 

次回は裏地ありのベンツ開きを縫いたいですね。

 

 

着てみたところ。ウエストが若干ゆるい。ハイウエストってサイズ感が難しい。まあ、縫っているあいだにびろんと伸びた可能性もありますが……。

パッチワークスカート

パッチワークスカート

 

■生地:コットン/レーヨン/ポリエステル(裏地)
■パターン:オリジナル
■失敗点:ギャザーが雑。

 

溜まりに溜まっている中途半端なはぎれ、最近は布マスクにして消費にいそしんでいましたが、もっとがっつり使いきりたくなったので長方形に切り揃えてスカートに。ワンピースを縫った余り布とかブラウスを縫った余り布とか。

 

パッチワークスカート

 

裏側。気に入っている布(チェリーと白鳥)に限って1面ぶんしかなかった。

 

パッチワークスカート

 

とにかくギャザーを寄せるのが疲れた! ゴムウエストにすればこんな手間はかからなかったのに……とひたすら糸を引っ張りながら後悔。

 

パッチワークスカート

 

ウエストベルトの留め具はホックよりもボタンのほうが好き。ホック、縫いつけるの地味にめんどくさいし。

 

パッチワークスカート

 

裏地をファスナーに縫いとめる工程、市販品みたいにミシンでやる方法を試してみたいと思いつつ今回も手縫い。ファスナーがある左脇以外は袋縫いにして縫い目すっきり。

 

パッチワークスカート

 

着てみたところ。こういうガ〜リ〜なの、あんまり似合わないんだよね。手がジョギング焼けで黒いね。

チューイングガム柄のエプロン

エプロン

 

■生地:コットンシーチング
■パターン:オリジナル
■失敗点:縫い目が雑。

 

使っているエプロンがどれもぼろぼろになってきたので、家にあった布の消費を兼ねてエプロンづくり。チューイングガム柄、「かわいい!!!」と数年前に衝動買いしたけどシーチングって使い途がまったくなくて。

 

エプロン

 

型紙はつくらず、直接布に寸法を書き込んで裁断。頭が入らない可能性があるのでボタンで着脱できるようにしたけど、かぶって着用できたのでボタンを外すことはないでしょう。

 

エプロン

 

着用画像。紐を前にまわして結ぶタイプ、つくるぶんにも使うぶんにもこれがいちばん楽だと思うんだけどな。

こうして溜め込んでいた布を少しずつ消費したところで、それを上回るペースで購入し布の山は自室の床を占領していく……。

母の日&父の日のシャツ2020

母の日&父の日のシャツ

 

■生地:コットンローン
■パターン:杉本善英さんの『カジュアルからドレスアップまでのメンズシャツ』のALOHA OPEN D
■失敗点:とくになし。

 

母の日と父の日のプレゼント用にお揃いのシャツを縫いました。母の日っていつだったっけ……?

 

母の日&父の日のシャツ

 

ウクレレ&パイナップル柄。一時期両親はウクレレの練習に凝っていたので。最近は飽きたようですが。布を買ったサイト(めちゃ安で商品点数がえげつなくて頑張ってさがすと掘り出しものが見つかる手芸ナカムラさん)ではギター柄と書いてあったが、これはウクレレだよね……?

 

母の日&父の日のシャツ

 

最近は半袖シャツなら裁断含めて2日で縫えるようになりました。これは前立てがないぶん楽っていうのもある。開襟っていままでうまく縫えなかったけど、この本の縫いかたならきれいに(※当社比)できました。

 

母の日&父の日のシャツ

 

この本はすべて折伏せ縫いなのが素晴らしい。糸の量が少なめで済むし仕上がりがきれいだし。ただ、縫い代がかなり細かいので型紙を写すのがたいへん。

メンズシャツの本ですがSサイズは女性向け。とはいえ合わせは右前で男性用だけど。

 

母の日&父の日のシャツ

 

モデルは著者(中央)の知人らしいが、長髪グレイヘアの渋い男性が気になる。

クレヨンラインのシャツワンピース

クレヨンラインのシャツワンピ

 

■生地:レーヨン/綿ブロード
■パターン:Quoi?Quoi?さんの『デイリースタイル』のプルオーバーワンピースの丈を少しだけ伸ばした
■失敗点:あちこち雑。そして失敗してほどいたところの針穴がくっきり……。

 

最近はあまり縫っていなかったため、さらに下手に。前端とか襟とか目立つ部分がひどい。

丈を若干伸ばしたものの、膝が半分出る長さなのでもっとぐいっと長くしたほうがいまっぽかったのではと反省。

 

クレヨンラインのシャツワンピ

 

カフスはスリットが入った簡易なデザイン。なのにちょっと手間取ったという……。

 

クレヨンラインのシャツワンピ

 

着てみたところ。

ボタンはいちばん上まで留めたほうがしっくりくるけど、苦しいんですよね(猪首だから)。首が詰まったデザインが似合わない。

 

 

クレヨンラインのシャツワンピ

 

ボタンを外すとなんかラガーシャツっぽくて微妙〜。

 

クレヨンラインのシャツワンピ

 

暴れる猫。