黒レースと緑サテンのタックスカート

黒レースと緑サテンのスカート

 

■生地:ラッセルレース/ポリエステルサテン

■パターン:クルールさんの『明日着る服』のタックスカートをいろいろアレンジ

■失敗点:とくにないけどいろいろ雑。

 

黒いラッセルレースと緑のサテンを重ねたスカートです。

 

黒レースと緑サテンのスカート

 

丈はふくらはぎのまんなかよりもやや下ぐらい。

 

黒レースと緑サテンのスカート

 

ウエストのボタンはただの飾りです。

 

黒レースと緑サテンのスカート

 

後ろ中心にゴムを入れてゆるゆる楽ちん仕様にしました。

だけど生地のテイスト的にゴムは使わずきっちり仕立てたほうがよかったかも……と反省。

 

黒レースと緑サテンのスカート

 

着てみたところ。レース生地が重いせいか若干ずり落ちるので、余りの緑サテンでサスペンダーをつくろうかと思案中。ゴムをこれ以上短くすると今度はお尻が通らなくなるし(やっぱりファスナー仕様にすべきだったか)。

後ろに写り込んでいるのは猫の爪研ぎポールです。自然光がちゃんと入って背景になにもない場所なんて、ごちゃごちゃしたわが家にはない。

ファンシーツイードのノーカラージャケット

ツイードジャケット

 

■生地:ファンシーツイード/ポリエステル(裏地)

■パターン:海外竜也さんの『スイートドレス・レシピ』のファンシーツイードのジャケット

■失敗点:袖の柄合わせができていない。

 

さまざまな色や太さの糸が織り込まれているファンシーツイードで、ノーカラーのジャケット。上の写真のポケットに刺さっているのは生花であって、つくったものの一部ではございません。

 

ツイードジャケット

 

パネルライン+2枚袖+パッチポケットで柄を合わせなきゃいけない箇所がたくさんあったため、前身頃〜袖の柄合わせまで意識がまわらず。ここ以外はちゃんと柄が繋がっているのになあ。

 

ツイードジャケット

 

アクセントとして、前中心に赤いグログランリボンを縫いつけました。でもこの上にスナップをつけるのはかたくてたいへんだった……。

 

ツイードジャケット

 

総裏仕立てのジャケット、じつははじめてです。裏地の袖つけに若干手間取った。でもやっぱり裏地があると完成度がぐっと上がる気がして満足。

 

ツイードジャケット

 

うちのミシンだとツイードにボタンホールを開けることはできないんで、スナップボタン+飾りボタンに。

この生地、いろいろな糸のなかに不織布みたいなのも混じっているので、水に漬ける洗濯は無理っぽい。最初に全面に極薄の接着芯を貼ってから裁断したんですが、ぼろぼろほつれまくって精神を削られた。裏地つきであってもミシンで端処理しておくべきであったとかなり縫い進めてから思った。

 

ツイードジャケット

 

着てみたところ。スカートと合わせると参観日のお母さんルックになりかねないので、ジーンズと合わせたいんですが何年も着ているユニクロのよれよれのジーンズしか持っていないので、新しいのを買いたい。余談だけど原稿に「ジーパン」と書いて「言葉が古いのでは?」的な指摘を校閲さんにされたことがあります。以来意識してジーンズorデニムパンツと書いている、脳内ではジーパンと呼びながら……。

猫柄のブラウス

猫柄のブラウス

 

■生地:綿ローン/ポリエステルラッセルレース(襟部分)
■パターン:アヴィヴェさんのフラット&リボンカラーブラウス
■失敗点:とくにないけど、もうちょっとていねいに縫うべき。

 

子ども服みたいな雰囲気ですが、着るのはかなりいい年の大人である私です。

 

猫柄のブラウス

 

無数の猫がこっちを凝視している、かなり圧を感じる柄。シャム、スコティッシュフォールド、ノルウェージャンフォレストキャット(メインクーンかも)など純血種と思われるおキャットさまたち。

 

猫柄のブラウス

 

襟はレースを重ねたんですが、うるさかったかも。黒い無地のサテンとかのほうがよかった気がする。

 

猫柄のブラウス

 

後ろ身頃のギャザーが相変わらず下手。いつになったら均等なギャザーを寄せられるようになるのか……。いや、ていねいにやればできないことはないだろうから、技術の問題というよりも性格の問題か。

マーガレット柄のシャツドレス

マーガレット柄シャツドレス

 

■生地:綿オックス
■パターン:茅木真知子さんの『ホームクチュール わたしのスタンダード』のシャツドレス
■失敗点:なぜか裾の左右の丈が1cm違う(あとで直すかもしれないし直さないかもしれない)、四角いボタンって嵌めにくいのでボタンホールをもっと大きくすればよかった。

 

生地はフィンランドのSTUDIO HILLA。衣服よりもエプロンやバッグのほうがしっくりきそうな厚手の綿オックスですが、ワンピースに仕立てたかったので。意外と違和感なし(と本人は思っているがはたして)。

 

マーガレット柄シャツドレス

 

完成してからベルトをして着たくなったので、糸ループをつけました。

 

マーガレット柄シャツドレス

 

スカーフもしたいが、柄on柄でうるさいだろうか……?

 

マーガレット柄のシャツドレス

 

左のが見本です。「白衣のつもり」と本にはあるけれど、ハデハデの柄の布でつくったらかなり違うイメージに。

 

マーガレット柄のシャツドレス

 

着てみたところ。この写真だと襟が反っちゃってますね。そして腕の猫ひっかき傷が目立ちすぎている。

夫のギンガムチェックシャツ

夫のギンガムシャツ

 

■生地:綿・ポリエステル混紡
■パターン:金子俊雄さんの『オールシーズンのメンズ服』のスタンドカラーシャツを半袖に
■失敗点:ところどころ縫い目が雑。

 

夫の誕生日プレゼント用のシャツです。当初は長袖を縫う気合がみなぎっていたのですが、生地が足りなかったので半袖になりました。

 

夫のギンガムシャツ

 

夏だから通気の良いコットンや麻にしようか迷ったけど、アイロンのラクさを取ってしわになりにくい綿ポリに。

 

夫のギンガムシャツ

 

冷房のない部屋で汗みどろになりながら縫っているので、注意力散漫になり早く仕上げたい気持ちばかりが高まり、縫い目がところどころ雑。普段ならほどいてやり直すかもなーって部分も。

 

夫のギンガムシャツ

 

以前同じパターンで縫ったシャツは、着ると肩のあたりにしわができてしまっていたので(たぶんパターンのせいではなく夫の体型のせい)、後ろ身頃のタックの位置を中心ではなく両サイドに変えてみました。これで解決すればいいんだけど。

この本でメンズシャツを縫うのは4着め。そろそろほかの本も試してみたいと思いつつ。