ライラックのワンピース

ライラックのワンピース

 

■生地:リバティプリントのタナローン/ベンクリル(裏地)
■パターン:茅木真知子さんの『ワンピースがいちばん』の衿つきの麻のワンピースをアレンジ(襟をフリルに変更、袖にフリル叩きつけ、見返し処理にして総裏つきに)
■失敗点:もっと生地の色に近い糸を使うべきだった。黒い糸を使ったけど生地は若干明るめの黒だったので、やや目立つ。

 

リバティプリントのアーカイブ・ライラックという柄です。無数にあるリバティのなかでいちばん好きな柄かも。札幌住みなのでライラックは馴染み深いのです。開花は5月中旬以降だからずっとさきだけど。

写真に写っているネックレスとピアスもかなり前に自作したもの。

 

ライラックのワンピース

 

リバティプリントは私にしてはお高い布なので失敗は許されない。なので過去につくったことのあるパターンで、というわけで、先日縫った水色のレースのワンピースと同じものをちょこちょこアレンジしました。

襟をフリルに変更して、袖にもフリルを叩きつけて、バイアステープ始末から見返し始末に変えて裏地をつけ、ウエストを1cm削った。

 

ライラックのワンピース

 

総裏のワンピースをつくるのはじつははじめてです。裏地をつけると汚い縫い目が隠れるからいいよね。

見返しのパターン、てきとうにラインを引いてつくったら、カーブがきつすぎて裏地と縫い合わせるのに難儀しました。

 

ライラックのワンピース

 

襟のフリルはギャザーを寄せて見返しとのあいだに挟み込み、袖のフリルは1.5cm間隔でひだひだを折って叩きつけた(叩きつけるとはミシンで上から縫いつけることで暴力的な意味にあらず)。同じフリルでもけっこう違う。

ウエストの中心のラベンダー色のリボンはかなり迷ったすえにつけたんですが、なかったほうがよかったかも。「足し算はオカンアートのはじまり」というオリジナル格言を胸に刻みたい。

ほんとうはこのリボン、ウエストベルトの上下にパイピングみたいに挟み込んでちらっとだけ見える感じにしたかったんですよ。でもうっかり忘れたまま縫い進めてしまい……。あー、そっちのほうがぜったいにかわいかったと思うんだけどな……。

 

 

ライラックのワンピース

 

着てみたところ。ワンピース1枚で着た写真も撮ってみたが、二の腕とワキ肉が圧倒的な存在感を放っていたので、カーディガンを羽織った写真で失礼します。

水色のレースワンピース

レースワンピース

 

■生地:ウールナイロン/ラッセルレース/キュプラ(裏地)
■パターン:茅木真知子さんの『ワンピースがいちばん』の衿つきの麻のワンピース
■失敗点:裏襟が表から見えていたり、ウエストベルト部分の縫い目が歪んでいたり、ファスナーづけや襟ぐりのバイアス処理に悔いが残っていたり、細かい部分がいろいろ雑……。あと、接着芯が生地に合っていない気がする。

 

かなりひさびさにワンピース。白いレース生地にくすんだ水色のウールナイロン生地を裏打ちしました。2着ぶん裁断するようなものなんで、けっこうめんどう。

 

レースワンピース

 

縫っている最中はレース生地がぎらぎらしすぎてるように感じて気になっていたけど、完成してみれば、これはこれでいいんじゃない? と。しかしベースの水色の生地、接着芯を貼ってアイロンをかけると、アイロンの裏にある穴のぼこぼこが生地に移ってしまって焦った。オーブンシートをあいだに挟んでアイロンをかけると、いちおうぼこぼこは消えるんだけど。接着芯と生地の相性の問題でしょうか……?

 

レースワンピース

 

コンシールファスナー、この写真に写っている部分はぴしっと隙間なくうまくいっているけど、この下のウエストベルト部分は生地の厚みの関係で若干ファスナーテープが見えちゃってるんですよね。要研究。襟はなー、ちゃんと控えてアイロンをかけたのに、縫い代を調整していなかったせいで裏襟が思いっきり……。

 

レースワンピース

 

着てみたところ。ネックレスもワンピースに合わせてつくりました。かちっとしているデザインのわりには着心地よく、丈も膝が隠れるぐらいで使い勝手がよろしいです。袖はかなり控えめなフレンチスリーブで二の腕全開なので、カーディガン必須かなー。

カーキのワンピース

カーキのワンピース

■生地:ポリエステル・ポリウレタン(ウエストの切り替えはグログランテープ)
■パターン:中西教夫さんの『世界で愛されるプリントのdress』のNo.08
■失敗点:フレンチスリーブの袖口がよれてしまった。

「有名プリント生地でワンピースをつくろう!」という趣旨の型紙本なのに、無地(日暮里繊維街で購入したストレッチ生地)で制作。カーキの流行が去る前にとあわてて縫った。通気性に欠ける生地なので夏になったら着られなくなるであろう。
ウエストの黒いグログランテープ、ハンガーにかけていると歪んでいるように見えますが、着たらそこそこまっすぐになりますのでご心配なく!

カーキのワンピース

ああ、上の写真だと袖口のよれが非常に目立つ……。縫い直したい気持ちとめんどくさい気持ちが半々。

カーキワンピース着用

着ないといまいち全体のシルエットがわからないので、恥ずかしながら着用画像。タックが凝っているデザイン。
1