ファンシーツイードのノーカラージャケット

ツイードジャケット

 

■生地:ファンシーツイード/ポリエステル(裏地)

■パターン:海外竜也さんの『スイートドレス・レシピ』のファンシーツイードのジャケット

■失敗点:袖の柄合わせができていない。

 

さまざまな色や太さの糸が織り込まれているファンシーツイードで、ノーカラーのジャケット。上の写真のポケットに刺さっているのは生花であって、つくったものの一部ではございません。

 

ツイードジャケット

 

パネルライン+2枚袖+パッチポケットで柄を合わせなきゃいけない箇所がたくさんあったため、前身頃〜袖の柄合わせまで意識がまわらず。ここ以外はちゃんと柄が繋がっているのになあ。

 

ツイードジャケット

 

アクセントとして、前中心に赤いグログランリボンを縫いつけました。でもこの上にスナップをつけるのはかたくてたいへんだった……。

 

ツイードジャケット

 

総裏仕立てのジャケット、じつははじめてです。裏地の袖つけに若干手間取った。でもやっぱり裏地があると完成度がぐっと上がる気がして満足。

 

ツイードジャケット

 

うちのミシンだとツイードにボタンホールを開けることはできないんで、スナップボタン+飾りボタンに。

この生地、いろいろな糸のなかに不織布みたいなのも混じっているので、水に漬ける洗濯は無理っぽい。最初に全面に極薄の接着芯を貼ってから裁断したんですが、ぼろぼろほつれまくって精神を削られた。裏地つきであってもミシンで端処理しておくべきであったとかなり縫い進めてから思った。

 

ツイードジャケット

 

着てみたところ。スカートと合わせると参観日のお母さんルックになりかねないので、ジーンズと合わせたいんですが何年も着ているユニクロのよれよれのジーンズしか持っていないので、新しいのを買いたい。余談だけど原稿に「ジーパン」と書いて「言葉が古いのでは?」的な指摘を校閲さんにされたことがあります。以来意識してジーンズorデニムパンツと書いている、脳内ではジーパンと呼びながら……。

ボーダーの七分袖ブラウザー

ブラウザー

■生地:ポリエステル・コットン混紡/リバティプリント(デリラ・キャベンディッシュ)
■パターン:海外竜也さんの『おしゃれ着を手作りで。』の七分袖ブラウザー
■失敗点:とくになし。

ブラウザーとはブラウス+ブレザーの意、らしいです。IEやNetscapeやFirefoxやChromeとは関係なし。上の写真のブローチは数年前につくったもの。

ブラウザー

夏っぽいざっくりとした織りの生地。

ブラウザー

ポケットの裏地にはリバティプリントを使用。この写真、指のさかむけが気になるな……。

ノーカラージャケット

ノーカラージャケット

■生地:サマードビー(ポリエステル)
■パターン:カナリヤ(地元の手芸店)のオリジナル(サイズと着丈を大幅補正)
■失敗点:いろいろツメが甘い。

もとのパターンはジャケットというよりもボレロっぽいコンパクトなデザインだったので、全体的にあれこれ補正。自信がなくできあがるまでどきどきしていたが、望んだとおりのサイズ感になってほっとした。

ノーカラージャケット

上の写真だと中学のときのジャージみたいな色味だ。袖のレースはもともと衿用のレースです。

■生地:ネップ入り天竺ニット(綿95%シルク5%)/ケミカルレース ■パターン:クルールさんのバックファスナー切り替えカットソー ■失敗点:ファスナーつけの切り込みが深すぎた。襟ぐりのバイアステープの端がきれいにできなかった。

ジャケットは人前で脱ぎ着するものだから裏もきれいにつくらなきゃと思い、ほとんどの縫い代をバイアステープで包んだんですが、これが手間でしたね……。裏地をつけたほうが楽だったのでは。
1