ギンガムチェックのタックスカート

ギンガムスカート

 

■生地:綿・ポリエステル混紡/キュプラ(裏地)
■パターン:茅木真知子さんの『ドレスアップ・ドレスダウン―simple chic』のスカートをウエストベルトだけアレンジ
■失敗点:とくになし。

 

2年前に縫ったフルーツ柄のスカートと同じパターンをほんの少しだけアレンジ。ウエストベルトの幅を太くしてホックではなくボタン留めにした。

ウエストベルトは柄の細かさが違うギンガムチェックにして、ボタンは半球のパール調のやつを。

 

ギンガムスカート

 

裾まで写っている写真がありませんが、丈はふくらはぎのまんなかぐらい。長すぎるよりもこのぐらいが好き。

 

ギンガムスカート

 

着てみたところ。

この生地、質感は綿100%とほとんど変わりませんが、ポリエステル混紡なのでしわになりにくく扱いやすい。

黒いレースのスカート

黒いレーススカート

 

■生地:ポリエステル・レーヨン混ラッセルレース/ポリエステルサテン(裏地)
■パターン:高田佑子さんの『主役はスカート かっこよく着たい』の刺繍ペンシルスカート
■失敗点:ウエストベルトの裏側の縫い目がぐねぐねしてる。

 

いきなり着用画像で失礼いたしました。しかも一本足に見えるし。派手なピンクの一本足の妖怪。黒い服って写真に撮ってもいまいちニュアンスが伝わらないので、着ている状態のほうがまだわかるかと……。

 

黒いレーススカート

 

このとおり、スカート単体の写真だとわかりづらい。これでもレースの柄が見えるようにコントラストを弄っているんですが。

ペンシルスカートと聞くと腹まわりが心配になってかなり身がまえてしまうけど、これはウエストゴムでわりとゆとりがあってペンシル感少なめなので、ぜんぜん怖くない。

 

黒いレーススカート

 

こんな感じのレース生地です。

 

黒いレーススカート

 

引っかけてしまわぬよう注意して穿かねば……。

タータンチェックのタックスカート

タータンチェックのタックスカート

 

■生地:ウール・ポリエステル混/キュプラ(裏地)
■パターン:『コットンフレンド』2016-2017年冬号のタックスカート(ミモレ丈)
■失敗点:脇線の柄合わせに思いっきり失敗。あと、正月太りを意識していつもよりワンサイズ大きくしたら、大きすぎた。

 

長めのタックスカートです。

縫っているうちに、「これは制服用の生地の余りが市場に出まわったものなのでは?」という疑問が。べつにいいけど。

安かったわりにしっかりしてる生地だし。

 

チェックのタックスカート

 

サイドと後ろのみゴムを入れて正面はすっきり。……のはずが、サイズが大きいので着ると若干だぼつきます。

 

チェックのタックスカート

 

着てみたところ。やっぱり柄合わせのミス、気になるな……。

履いているショートブーツは祖母のだったのだが、レースアップの紐がめちゃくちゃめんどうなうえにすぐにほどける。

ゴブラン織りのビーズ刺繍スカート

ゴブラン織りのスカート

 

■生地:ゴブラン織り(ポリエステル42% アクリル33% 綿25%)/キュプラ(裏地)
■パターン:『作って着たい! スカート』のAラインスカート
■失敗点:アイロンのあとがついてしまった。よく見ないとわからない、けど……。

 

ゴブラン織りで縫ったシンプルなかたちのスカートに、ビーズ&スパンコールで刺繍。

 

ゴブラン織りのスカート

 

ウエストベルトの下にはパイピングを挟みました。

とはいえ、これが見えるようにトップスをインして着ることはないであろう。腹部がぽっこりするんで……。

 

ゴブラン織りのスカート

 

ほつれやすい生地だったので、縫い目をグログランリボンで隠しました。着ると見えない部分だけどね。

ギンガムチェックの50年代風スカート

50年代風スカート

 

(猫尻失礼いたします)

 

■生地:綿麻ローンリップル/ニューベンヒット(裏地)

■パターン:オリジナル(というか長方形を組み合わせただけ)

■失敗点:とくになし。

 

『ブルックリン』を観て、50年代っぽいボリューミーなミモレ丈のスカートを縫いたくなったので。布の横幅いっぱい使った長方形を縫い合わせてぎゅーっとギャザーを寄せてウエストベルトに縫いつけた、かんたんスカート。

リップルは涼しくて着心地がいいし、アイロンにさえ気をつければ(タオルを敷かずにアイロンをかけるとぽこぽこがなくなります……)扱いも楽。

 

50年代風スカート

 

ハンガーにかけた状態だとわかりにくいので、恥ずかしながら自撮り。おお、顔の丸さよ……。

左右にシームポケットをつけました。

 

ブルックリン

 

映画『ブルックリン』より。元ネタはこんな感じ。ぜんぜん違うけどね。そもそもこれはギャザーじゃなくてタックですね。

 

50年代風スカート

 

後ろファスナー。