猫柄のブラウス

猫柄のブラウス

 

■生地:綿ローン/ポリエステルラッセルレース(襟部分)
■パターン:アヴィヴェさんのフラット&リボンカラーブラウス
■失敗点:とくにないけど、もうちょっとていねいに縫うべき。

 

子ども服みたいな雰囲気ですが、着るのはかなりいい年の大人である私です。

 

猫柄のブラウス

 

無数の猫がこっちを凝視している、かなり圧を感じる柄。シャム、スコティッシュフォールド、ノルウェージャンフォレストキャット(メインクーンかも)など純血種と思われるおキャットさまたち。

 

猫柄のブラウス

 

襟はレースを重ねたんですが、うるさかったかも。黒い無地のサテンとかのほうがよかった気がする。

 

猫柄のブラウス

 

後ろ身頃のギャザーが相変わらず下手。いつになったら均等なギャザーを寄せられるようになるのか……。いや、ていねいにやればできないことはないだろうから、技術の問題というよりも性格の問題か。

ライトグリーンの半袖ブラウス

ライトグリーンの半袖ブラウス

 

■生地:綿ローンの刺繍レース/綿ブロード(襟部分)
■パターン:平真実さんの『わたしの好きな、ミニマルな10着 シルエットにこだわった10のパターンとアレンジ』の半袖シャツ
■失敗点:袖口〜脇のバイアス処理のところに少ししわが寄ってしまった。

 

銀色の糸で花模様の刺繍が入っている生地で、ブラウス。低いスタンドカラーっぽい襟がついています。

 

ライトグリーンの半袖ブラウス

 

脇身頃のあるパネル切り替えになっていて、袖も切り替えを活かしたキャップスリーブとフレンチスリーブの中間みたいなかたち。袖口のバイアス処理、手順を見ると手縫いでまつることになっていて、「えっ、こんなのミシンで縫えばいいじゃん!」と思ってやってみたところ縫い目が引きつって目立ってしまったので、ほどいてやり直すはめに。最初から書かれているとおりにやればよかったものを……。

 

ライトグリーンの半袖ブラウス

 

襟のステッチは珍しくきれいにできた(自分比)。

 

ライトグリーンの半袖ブラウス

 

ボタンに迷って、Twitterのアンケート機能を使って上の画像でどれがいいか意見を募ったところ、下のグリーンのボタンがいちばん票を集めたのでこれをつけることに。私の本命はまんなかの彫り模様の入ったボタンで、正直グリーンのは捨て案だったんですが……。いちばん無難なやつに票が入りやすい、多数決の基本。

 

ライトグリーンの半袖ブラウス

 

着てみたところ。二の腕が若干きついけど、まあ腕ぐるぐるまわして踊ったりしない限りはだいじょうぶでしょう。

刺繍レースのチャイナブラウス

チャイナブラウス

 

■生地:綿麻の刺繍レース
■パターン:茅木真知子さんの『ドレスアップ・ドレスダウン―simple chic』の麻のチャイナブラウス
■失敗点:襟の正面部分の裏側が汚い。チャイナボタンの構造が理解できずてきとーにやってしまった。

 

気付くと青い布ばかり買ってしまう。ざらっとした風合いの青い綿麻の刺繍レース生地で、チャイナ風のブラウス。

1.5mしかなくて死蔵していた生地ですが、このブラウスは用尺1.2mなので余裕でした。

 

チャイナブラウス

 

共布でつくったチャイナボタンの玉状のやつがいまいちわからなかった。たぶん間違っている。編み物も図を見てもまったく理解できないし、こういう作業が苦手……。

 

チャイナブラウス

 

そういえば、サイドにコンシールファスナーをつけるのはスカート以外では初。

ラグランスリーブは似合わないかもと最近気付いたにもかかわらず、またつくってしまった。

 

チャイナブラウス

 

着てみたところ。けっこう好きな感じなので、そのうち同じ型紙でワンピースにアレンジしたものをつくりたい。

チェックのフリル&シャーリングブラウス

チェックのフリル&シャーリングブラウス

■生地:綿
■パターン:アヴィヴェさんのボックスブラウスをアレンジ(襟ぐりと袖口にフリル、ウエストにシャーリング、襟ぐりを見返しではなくバイアステープ始末に)
■失敗点:シャーリングテープの縫いつけに不満が残る。

 

ワッシャー加工っぽいくしゃっとした質感の生地で、ブラウス。もとのパターンからあれこれ弄って、ほぼ別物です。

 

チェックのフリル&シャーリングブラウス

 

写真だといまいち伝わらないけれど透け感のある薄い生地なので、補強とほつれ防止のため袖ぐり以外は袋縫いに。袋縫いだとミシン糸も少なめで済むのがありがたい。

 

チェックのフリル&シャーリングブラウス

 

シャーリングテープ初体験。確かに便利ではあるけれど、ゴムを伸ばしながら叩きつけるのって縫いはじめと縫い終わりが難しいよね……。あと何度かやったらコツを掴めそうなので、近いうちにリベンジしたい。

 

チェックのフリル&シャーリングブラウス

 

着てみたところ。首が短くてフリル襟が似合わない人間でも、襟ぐりが広めのデザインならなんとかなるのでは? が今回の実験テーマでした。

ブック柄のリボンカラーブラウス

ブック柄のリボンカラーブラウス

 

■生地:綿ローン/綿麻シャンブレー
■パターン:アヴィヴェさんのフラット&リボンカラーブラウスをアレンジ(袖をチューリップスリーブに変更)
■失敗点:とくにないけど、全体的にもっとていねいに縫いたい。

 

本が積み上げられている柄の布で、ブラウス。2年ほど前に縫ったブラウスの色違いの生地です。ブルーのシャンブレーは先月縫ったブラウスの余り布。溜まりゆくはぎれを少しでも減らしていきたいけど焼け石に水状態で、自室が布に呑み込まれていく……。

 

ブック柄のリボンカラーブラウス

 

かぶりタイプのブラウスなのであっというまにできると思いきや、後ろのヨークが二重になっているタイプなので思ったより手間取りました。後ろの写真、撮り忘れたけど。

 

ブック柄のリボンカラーブラウス

 

私はリボン結びに自信がなく、これであっているのかどうかわからない。

 

ブック柄のリボンカラーブラウス

 

季節先取りの半袖、寒くてまだ試着していません。

 

ザ・ワンピース

 

チューリップスリーブは篠原ともえさんの『ザ・ワンピース』のパターンを流用。袖ぐりのラインは違うんですが、むりやり合わせました(袖山にギャザーが寄ってるデザインなのでなんとかなった)。

思い返せば、この本をきっかけとして洋裁をはじめたんでした。ときめきがぎゅっと詰まってて、つくってみたいと思わせる魔力のある本です。かんじんのワンピースはラブリーすぎて私には似合いませんでしたが(しのはらと同世代だけど、この本のワンピースを無理なく着こなせる同世代はなかなかいないんでは……)、ひさびさに読み返してみたら袖以外にもディテールはいろいろ活用できそう。