フルーツ柄のミモレ丈スカート

フルーツ柄スカート

■生地:ポリエステル/キュプラ(裏地)
■パターン:茅木真知子さんの『ドレスアップ・ドレスダウン―simple chic』のスカート
■失敗点:ウエストのカギホックの左右を間違えた。

少し前に日暮里繊維街に行ったときに購入した布で、ミモレ丈のタックスカート。
「かわいいけど一歩間違えたら田舎の洋品店的なおばちゃんウェアになりそうな布だよなー」とさんざん迷ったすえに買ったのですが、おばちゃんを回避できたかどうかは自分では判断できず。

フルーツ柄スカート

よく見ると、ひとつの植物にレモンとさくらんぼといちごがなっている。超ハイブリッド種!
ハンガーにかけた状態だとすとんとしているけど、着るとけっこうふわっと広がります。

フルーツ柄スカート

表面がぽこぽこしている、薄手の軽い生地。

ボーダーのスカラップカットソー

ボーダーカットソー

■生地:ニット(ポリエステル・レーヨン・ポリウレタン)
■パターン:アヴィヴェさんのスカラップTシャツ
■失敗点:袖も柄合わせをすればよかった。

太めのボーダーでカットソー。サイズ感がぴったりでかんたんなので、布を変えてあれこれ量産したい。スカラップの衿ぐりも縫っている最中はぱかぱか浮くかなあと危惧していたが、そんなことはなかった。

ボーダーカットソー

なんて名前の生地かはわからないが、ニットだけど端が丸まらず、ほつれず、そんなに伸びず、ほどよい厚みがあって、最強に縫いやすかった。ただ通気性がいまいちので、このさきの季節あまり長くは着られなさそうのなのが難点。

ボーダーカットソー

ぬーっと猫の参入。

切り替えカットソーフリルつき

切り替えカットソーフリルつき

■生地:鹿の子ニット/オーガニックコットンのポプリン(Cloud9 Fabrics Landscape White Mallee Navy)
■パターン:クルールさんのバックファスナー切り替えカットソーをアレンジ(といっても胸にフリルをつけただけ)
■失敗点:前回とまったく同じ(ファスナーつけの切り込み、バイアステープの端の始末)

前につくったのと同じパターンで、前ヨークの下にフリルをつけてみた。猫が写り込んでいるのは意図的ではなく、写真を撮っていると邪魔しようと寄ってくるんです。演出ではありません。

切り替えカットソーフリルつき

フリル部分のアップ、といってもこの写真だと浮いちゃってよくわからないですね……。てきとうに切ってギャザー寄せて縫いつけたけど、もっと幅を広くしたほうがよかったかも。

ノーカラージャケット

ノーカラージャケット

■生地:サマードビー(ポリエステル)
■パターン:カナリヤ(地元の手芸店)のオリジナル(サイズと着丈を大幅補正)
■失敗点:いろいろツメが甘い。

もとのパターンはジャケットというよりもボレロっぽいコンパクトなデザインだったので、全体的にあれこれ補正。自信がなくできあがるまでどきどきしていたが、望んだとおりのサイズ感になってほっとした。

ノーカラージャケット

上の写真だと中学のときのジャージみたいな色味だ。袖のレースはもともと衿用のレースです。

■生地:ネップ入り天竺ニット(綿95%シルク5%)/ケミカルレース ■パターン:クルールさんのバックファスナー切り替えカットソー ■失敗点:ファスナーつけの切り込みが深すぎた。襟ぐりのバイアステープの端がきれいにできなかった。

ジャケットは人前で脱ぎ着するものだから裏もきれいにつくらなきゃと思い、ほとんどの縫い代をバイアステープで包んだんですが、これが手間でしたね……。裏地をつけたほうが楽だったのでは。

ニットとレースの切り替えカットソー

切り替えカットソー

■生地:ネップ入り天竺ニット(綿95%シルク5%)/ケミカルレース
■パターン:クルールさんのバックファスナー切り替えカットソー
■失敗点:ファスナーつけの切り込みが深すぎた。襟ぐりのバイアステープの端がきれいにできなかった。

慣れないニット生地でカットソー。水色のパイピングテープはバイアステープにタコ糸(焼き豚用)を仕込んで自作してみた。袖にも補強のためにパイピングテープを挟めばよかったと縫い終わってから後悔。

切り替えカットソー

写真によって色味が変わる、撮りづらい微妙な色。

切り替えカットソー

後ろ。ファスナーの下部分がいまいち……。